TOP > 株主優待投資法 > ご覧のページ

【保存版】カブコム現物VS信用買、松井VSカブコム

11/11/2011 Mumbai Fighters vs Dolce & Gabbana Milano Thunder

カブドットコム証券が信用取引の手数料を大幅に下げました。最新のクロス取引の際の手数料比較をまとめました。カブコムの現物と信用買の比較、カブコムと松井の比較です。

カブドットコム証券の比較~現物買VS信用買&現引き

信用売りの方は選択肢は一つですので、手数料が下がって嬉しいだけです。問題は買いの方です。(1)現物買い、(2)信用買い→現引きの2つの選択肢があります。

手数料が安い方を選択するのが望ましいです。手数料の比較は以下の通りであり、103万円までは時々現物買いの方が安い約定金額がありますが、基本的には信用&現引きの方が安価な金額が多いです。信用買いの金利は通常の年2.98%の1日分にしています。

カブドットコム証券の現物と信用の手数料比較チャート

以下は1万円ごとの手数料です。31万、41~43万、51~54万、61~65万、71~76万、81万円、101~103万は現物の方が手数料が安価です。それ以外は信用です。

※クリックで拡大
カブドットコム証券の手数料比較

103万円以下はマチマチですが、手数料の差は最大で約50円程度なので、計算が面倒なら全て信用買&現引でOKだと思います。

カブドットコム VS 松井

カブドットコム証券と松井証券のどちらでも、クロス取引が可能な銘柄があります。そういう銘柄は手数料が安価な方で発注するのが望ましいです。

カブコムは信用買&現引で計算すると、約定金額25万(買いと売りで合計50万円)以下のゾーンでは、マチマチです。それ以上ではカブドットコムが全て安価です。

一般信用売りの方が金利がカブコム1.5%・松井2%ですが、金利の差で逆転する可能性があるケースは20万超~25万円のみです。

カブドットコム証券と松井証券の手数料比較チャート

カブドットコム証券と松井証券の手数料比較

具体的に手数料が最も安価なのは以下の通りです。

  • 5万円以下・・・松井
  • 5万超~10万円以下・・・松井&SMBC日興の異業者間クロス
  • 10万超~15万以下・・・松井
  • 15万超~20万以下・・・カブコム
  • 20万超~25万以下・・・松井(日数によっては売り金利差で逆転可能性有り)
  • 25万超・・・カブコム

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがライブスター証券です。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事