TOP > 株主優待投資法 > ご覧のページ

レバレッジ優待取りに必須!ファイナンスはNOLOANがおススメ

wall_money.jpg


3月は本当に優待が多く、2億円くらいないとフルには取れません。そういう誰もが抱える悩みをズバッと解決するのがファイナンスです。


優待取りのためのファイナンス

優待取りに必要な最短期間は、年末年始を挟む12月を除くと、4~7日間程度です。このような短期間のファイナンスの手段としては、消費者金融や銀行・信販のカードローンが挙げられます。

総量規制がかかっている消費者金融等の業者からは、年収の3分の1まで借りられます。規制対象外の銀行のカードローンだと、概ね1行あたり年収の3分の1~2分の1程度です。

デメリットとしては、信用情報機関に情報が記載されることです。住宅ローンを組む場合は、この記載で引っかかる可能性があると言われています。

「優待取りのためのファイナンスとして借りた」ということを銀行員に説明したら、住宅ローンへの影響は出ないような気もするのですが、マニュアルや内規で問答無用で弾かれる可能性もあります。

また、銀行等への転職があり得る場合は、避けた方がいいでしょう。採用に際して信用情報を調べることは、本来的には規約違反となったと思いますが、しようと思えばできるのが現状です。

住宅ローンを組む可能性がなく、金融機関等へ転職する可能性はない場合は、カードローンでのファイナンスを検討しうると思います。

カードローンというと非常に抵抗感がありますよね。確かに消費のために借金するのは愚行だと思います。しかし、収益を上げるために一時的に資金を借入れるのは、多くの企業や自営業者が行なっている真当な行為です。

収益を上げるための借金を否定することは、資本主義社会における経済活動を根幹から否定することです。優待タダ取りのように、ほぼ100%の勝利が確定している経済活動においては、ファイナンスは肯定されると思います。


お勧めのローン

圧倒的におすすめなのは、新生銀行グループのNOLOAN(ノーローン)です。特徴は1週間無利息であることです。ノーローンは1週間以内であれば、何度でも無料です。返済した月の翌月から無料が復活します。

大手業者で何度でも1週間無利息なのは、日本でノーローンしかありません。唯一無二の"オンリーワン"です。他のカードローンが無利息となるのは、初回限定や最初の半年間のみです。

優待取りに必要なのは概ね4~7日間なので、ノーローンだと、何度でも無利息でファイナンスして優待取りができます。3月のようにいくら資金があっても足りない月は、非常に有効なレバレッジ投資になると思います。

カード発行手数料・年会費などの費用は一切かかりません。東証一部上場の新生銀行グループですので、一定の安心感もあります。



SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがライブスター証券です。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事