TOP > 株主優待投資法 > ご覧のページ

株主優待投資法(7) 松井証券 手数料節約の裏技

※前回までのエントリー
株主優待投資法(1) 総論
株主優待投資法(2) 制度信用取引
株主優待投資法(3) 逆日歩決定のメカニズム
株主優待投資法(4) 一般信用取引
株主優待投資法(5) 現物 VS 信用買&現引 カブコム手数料比較
株主優待投資法(6) 手数料比較 カブコム VS 松井


本日は、松井証券の手数料節約の裏技について述べます。

松井証券は1日の約定金額合計が10万円までは手数料無料です。一般信用クロス取引の場合は、5万円以下の銘柄のみ手数料無料となります。しかし、1単元が5万円以下の銘柄はごくわずかであるため、クロス取引では手数料がかかる場合がほとんどです。

もっとも、裏技があります。SMBC日興と松井で取引きを組み合わせることで、更に手数料のカットが可能となります。

SMBC日興のダイレクトコース(ネット専門コース)の信用取引の手数料は0円です。そこで、次のように取引することで、1単元5万~10万の銘柄も、手数料0円とすることが可能となります。

--------------------
<1日目>
5~10万円の銘柄について、松井で一般信用売り、SMBC日興で制度信用買いを行います。松井では1日の約定金額10万以下のため、手数料無料となります。SMBC日興も手数料無料です。

<2日目>
1日目に建てていたSMBC日興の信用買いを決済し、同じタイミング(寄付か引けの成行き)で松井で現物買いを行います。松井では1日の約定金額10万以下のため、2日目も手数料無料となります。SMBC日興も手数料無料です。
--------------------

このような取引によって、松井証券のみでトレードしていたら315円の売買手数料がかかっていた銘柄(5~10万)の売買手数料を0円にすることが可能になります。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがライブスター証券です。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事

    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する