TOP > 優待情報 > 3月優待 > ご覧のページ

株式優待の取得3パターン/3月末優待 取得銘柄一覧(3/18時点)

■初心者の方向けに、株主優待投資法について簡潔に解説します。後日詳しいエントリーをアップします。株式優待の取得には、次の3パターンがあります。

(1)現物のみ(ヘッジなしのオープン)
(2)現物+制度信用売り
(3)現物+一般(長期)信用売り

(1)は価格変動リスクを背負うので、通常の株式投資と同様にハイリスク・ハイリターンとなります。

(2)は価格変動リスクはヘッジされますが、逆日歩リスクがあります。銘柄によっては、優待価値を上回る逆日歩になることも度々あります。

(3)は逆日歩が発生しないので、ローリスクで株主優待を取得できます。ただし、優待廃止・株式分割・TOB・誤発注・取引する証券会社の信用リスクなどもあります。証券会社が破綻した場合、信用取引の含み益は保護されません。これらについては、また後日述べます。

(1)~(3)を組み合わせて取引されている方もいれば、(3)のみの方、(2)・(3)を使い分ける方など、スタイルは多様です。私は(1)~(3)のすべてを組み合わせています。

■3月末優待の権利確定日が近づいてきていますので、私がこれまで取得した3月末の銘柄をご紹介します。いいところまで株価が上昇したと判断し、下落リスクをヘッジするために全て一般信用売りをかけました。1単元ではなく複数単元の銘柄もあります。

無題
※優待価値は安売り店舗、ヤフオク、金券ショップ等で購入できる金額を考慮しています。
※複数単元取得した銘柄は、複数単元の金額を記載しています。

正直この中には、「権利日当日のクロス取引(現物+制度信用売り)でもいいかな」と思う銘柄もあります。ただ、3月末は銘柄数が非常に多いことから、1度に多数の銘柄を売買すると誤発注リスクも高まると考え、できる限り前倒しで一般信用で確保しました。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがライブスター証券です。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事