TOP > 株主優待投資法 > ご覧のページ

どの証券会社で制度信用クロスするか

11/11/2011 Mumbai Fighters vs Dolce & Gabbana Milano Thunder

制度信用のクロス取引で使う証券会社

制度信用のクロス取引でおすすめのは、SMBC日興証券かGMOクリック証券です。取引頻度、資金の余裕、株主優待によるキャッシュバックの有無などで、どちらを利用するかは結論が変わっていると思います。

SMBC日興

SMBC日興証券は、信用取引の売買手数料無料なのが熱いです。ただし、委託保証金率は40%(最低金額は30万円)、最低保証金維持率は30%であり、他のネット証券に比べると高いのが難点です。

また、現物買い余力と信用証拠金が別枠になっており、現物買い余力とは別に信用証拠金を用意する必要があります。支払金利・貸株料(年率)は、買いが2.67%・売りが1.15%です。

GMOクリック

他方、GMOクリック証券は、1約定ごとプランだと手数料が100円(約定金額500万円超は無料)かかります。

ただし、GMOインターネット・GMOクラウドの株主優待で手数料が半年間で各5000円(最大1万円)キャッシュバックされます。

委託保証金率は30%、最低保証金維持率は25%(最低金額は30万円)です。 支払金利・貸株料(年率)は、買いが2.10%・売りが1.10%です。

まとめ

私は自然体でトレードしていると、GMOの株主優待キャッシュバック(半年間で1万円)の範囲に、手数料が収まりません。

したがって、売買金額が大きくなる月はクリック、そうでない月は日興でクロスしています。3月・9月・12月などはクリック、10月・11月などは日興を利用しています。

半年間の手数料が、株主優待のキャッシュバックの範囲内に収まる方は、GMOクリック証券オンリーでもいいかもしれません。

SBI証券のタイアップキャンペーン

SBI証券は当サイト限定キャンペーンを行っています。SBI証券は口座開設・維持は無料で一切費用はかかりません。

当サイト経由での口座開設と5万円以上の入金・SBIハイブリッド預金への振替だけで、3,000円分のAmazonギフト券がプレゼントされます。

他のサイトのタイアップキャンペーンは2,000円であることが多いです。当サイトは読者様に最大限に還元いたします。

▼当サイト限定タイアップ!▼
SBI証券のタイアップキャンペーン

ネット証券全体の中でも、手数料が秀逸な低コストなのがライブスター証券です。手数料を第一に考える場合は最有力候補です。

ライブスター証券との限定タイアップキャンペーン

ライブスター証券は当サイトと限定タイアップキャンペーンを行なっています。新規口座開設だけで特別に2,000円がプレゼントされます。

当サイト限定!ライブスター証券の口座開設で2,000円プレゼント

Google+で売買報告や限定投稿を配信しています!


関連記事